マップで釣り場を検索
釣り場情報コミュニティサイト

ホーム/ブログ/テクニック/豆知識/ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介
ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

ルアー釣りには様々なラインとルアーの接続方法があり、その中でもスナップを取り付けると多くの利点が存在します。用途に合わせた選び方を理解することで、種類による効果も多数あります。

今回はスナップについて分かりやすくご説明させて頂きます。

ライターRIO

初めましてRIOです。主にルアーフィッシングを中心に楽しんでいます。対象魚は根魚、シーバス、青物、GTまで、オカッパリからボートまで幅広く釣りをしています。

スナップとは

スナップとは、仕掛けやルアーをワンタッチで接続する便利グッズです。スナップを使うことにより、様々な効果が得られます。

今回は、基本的な役割をご紹介していきましょう。

  • ルアーや仕掛けの装着に使用する便利グッズ
  • ルアーや仕掛けの交換が早くなる
  • 動きの幅を広げる役目がある

ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

ルアー用スナップとは

スナップは様々な釣りにおいて使用されますが、特にルアー釣り用のスナップは専用品があり、それぞれに特徴があります。用途や使い分けが多数存在しますので、ルアー専用設計の特徴について詳しく解説致します。

  • 自然に泳ぐ設計
  • 形状
  • 大きさ
  • 素材の線形違い

ルアー釣りでスナップを装着する効果

ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

ルアー釣りの接続方法として、スプリットリングへ直接結ぶ方法、フリーノットで結ぶ方法、スナップで接続する方法があります。それぞれに利点がありますが、スナップを装着すると様々な効果が得られます。

  • ルアーの泳ぎが大きくなる
  • ルアーがより自然に泳ぐ
  • ルアーの交換が早くなる
  • 結び目の安定する

ルアー用スナップの種類(形状)

ルアー専用のスナップは、メーカーによってもコンセプトがあり、様々な種類や形状があります。どれも同じように見える形状ですが、実は様々な釣りの用途に合わせて設計されています。ルアーの重さや形状に合わせた専用設計、対象魚の大きさや引きの強さに合わせた種類やサイズが豊富に設定されています。

定番の形状スナップ

一般的に使用される形状の万能なスナップで値段も安く様々なシーンで使えます。

クロス・スナップ

主に重いルアーの使用を前提した形状で、二段式のロックが特徴で強度があります。比較的に形状が細くて硬いので、開閉には若干の手間が必要です。小さなルアーには取り付けにくい物もあります。

ロウ付けスナップ

片方向のみの開閉で金属が溶接されているので、突起物も少なくトラブルが少ないのも特徴です。高い強度や複数回の開閉にも強く、総合的に優れており、スナップの中でも比較的に高価な物が多くなります。

ルアー釣りのスナップの選び方

ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

一口にスナップといっても様々な種類やサイズがあるので、実際に選ぶときには悩んでしまうものです。選び方には簡単な基準があるので、スナップの種類が分かれば選択肢も絞られてくるので、自分の中で選び方の基準を作ることがおすすめです。

ルアーの種類に合わせる

ご紹介してきたスナップですが、どれを使うか迷った場合には、ルアーの種類・重さ・大きさに合わせることをおすすめします。特に最初に使う場合は定番形状のスナップをおすすめします。

メタルジグなど重量や負荷の掛かる釣りに使用するルアーの場合にはクロス・スナップ。通常よりも重めのルアーや大物狙いの釣りにはロウ付スナップ。という内容で使い分けるのもおすすめです。

ルアーと対象魚に合わせた大きさ選び

スナップには、形状の種類の他に、大きさにも種類があります。

大きさに関しては、#01と表記されているのが一般的で、数字が大きくなるとスナップも大きくなります。ルアーと対象魚に合わせて、最適なサイズ選びが重要となります。小さすぎると、スナップの強度不足になりますし、大きすぎるとルアーのアクションに悪い影響を与えてしまいます。

基準としては、純正スプリットリングと同等か若干大きめにするのがおすすめです。

使用する上での注意点

ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

便利なスナップは使用する際には注意点も必要です。使用方法や注意を怠ると、せっかく釣れた魚を逃したり大切なルアーを失うことにも繋がります。

既存のスプリットリングは外す

通常、ルアーにはスプリットリングが装着されていますが、スナップを使用する場合には取り外すことをおすすめします。

接続箇所が増えるとルアーのアクションが変化してしまったり、トラブルの原因にもなりますので、ルアー本来のアクションを求める場合には、どちらか1つを使用することが基本となります。

こまめな結び目の確認

スナップに結束する場合は結び目の接点が細くなるために、結び目に負担が掛かってしまいます。スナップの性能を100%発揮させるには、こまめな結び換えや結び目に傷が入っていないか確認する必要があります。

定期的なスナップの交換

交換に便利なスナップですが、何度も開閉を繰り返してしまうと、金属の強度が低下してしまいます。最悪の場合は、金属疲労で破損したり、魚を釣っている最中に開いてしまうというトラブルも起こりえます。

交換時期としては、開閉が緩くなったり、大きな魚を釣った場合など早めの交換がおすすめです。

決して万能ではないという事実

ルアー交換が早くて、ルアーのアクションが向上するスナップですが、上記のように注意点も必要となってきます。
通常のスプリットリング接続よりも優れている点ばかりではありませんので、適材適所でスナップを取り入れることをおすすめします。

まとめ

ルアー用スナップの選び方!種類と効果をご紹介

いかがでしたでしょうか?今回はルアー釣りを便利にするアイテムのスナップについてご紹介させていただきました。スナップのメリット・デメリットを理解した上で、ルアー接続方法の1つとして導入してみてください。

ライターRIO

初めましてRIOです。主にルアーフィッシングを中心に楽しんでいます。対象魚は根魚、シーバス、青物、GTまで、オカッパリからボートまで幅広く釣りをしています。

こちらの記事もおすすめ

週間ランキング

- SHARE -