マップで釣り場を検索
釣り場情報コミュニティサイト

ホーム/ブログ/アレコレ/シーバスフィッシングのアレコレ
シーバスフィッシングのアレコレ

シーバスフィッシングのアレコレ

これからシーバスフィッシングをやりたいと感じている方のため、シーバスフィッシングのアレコレをまとめてみました。

ライターKEN-G

よろしくお願いします。

シーバスフィッシングの魅力

シーバスフィッシングの魅力は、なんと言ってもその迫力と引きの強さにあります。セイゴクラスの小物からスズキクラスの大物まで、サイズは様々ですが、大型クラスはもちろん小物でも引きは強く、そのゲーム性はシーバスハンターを虜にしていきます。

シーバスの釣り方

シーバスを釣る方法は、大きく分けてルアー釣りとエサ釣りの2つの方法があります。年配の方の多くは、エビ撒き釣りや青イソメを使った釣りを行なう方が大半を占めています。ウキ釣り仕掛けでアタリを待ち、ウキが沈めば合わせて釣り上げるというシンプルな釣り方ですが、活きエサを使用し、エサが自然とアピールしてくれる為、比較的簡単な釣り方となります。

一方、若者から中年世代の多くは、ミノーやワームといった擬似餌を使ったルアー釣りがメインとなります。こちらの釣り方は、常に意識を集中させ、ルアーに食いついたシーバスに合わせを入れて、一気に手繰り寄せる釣り方となり、よりゲーム性のある釣り方となります。シーバスフィッシングにはこちらの釣り方がより楽しめるおすすめの釣り方と言えます。

ルアー釣りの難しさ

エサ釣りと比べ、ルアー釣りには難しさもあります。ルアーは擬似餌である為、エサ釣りのように、ルアー独自でのアピール力はありません。ルアーを自分で操りながら、いかにルアーを本物の魚に見せるかが重要になります。

ルアーのレンジや泳がせ方、巻き取るスピードにより、ルアーアクションは様々で、どの方法が良いかはその日その時の状況により大きく変化していく為、いろいろなアクション方法を試しながら行う必要があります。

ルアーの種類

ルアーと一言でいっても、そのサイズや種類は様々で、いろいろなメーカーからあらゆる種類のルアーが発売されています。どのレンジを探っていくのか?ベイトの種類は何なのか?ベイトのサイズはどれぐらいなのか?その条件に合ったルアーを選択してこそ、釣果に直結していきます。

ルアーチェンジの大切さ

先ほど、ルアーの選択が釣果に直結していくというお話をしましたが、一度釣れたからといってそのルアーで釣れ続けるとは限りません。シーバスは賢い魚である為、一度ルアーを見切られてしまうと、全く見向きもされないという事は多々あります。

いくつかのルアーを常に持ち歩き、こまめにルアーチェンジしていく事も、釣果を上げていくためには必要となってきます。

日中と夜どちらが釣れる?

シーバスは夜釣りメインと言われる事がありますが、決してそうではありません。日中であっても実績は高く、昼夜問わず狙えるターゲットになっています。日中専門とするアングラーもいれば、夜をメインとするアングラー、どちらも行うアングラーも存在し、自分の行ける時間帯に狙える魚となっています。

私としては表層付近を狙える夜のシーバスフィッシングが釣りやすくおすすめの釣りとなります。

シーバスが釣れる場所

シーバスフィッシングは、昼夜問わず釣れる事に魅力がありますが、その他にももう一つ魅力的な部分があると私は感じます。それは、シーバスが釣れる場所です。

魚種によっては、サーフでしか狙えないといった釣り場所が限定される魚も存在しますが、シーバスは、川や河口、サーフや港湾、磯といったさまざまな場所で釣ることが出来、生息域の広さにもとても魅力を感じます。

ランガンしながらあらゆる場所を探っていく事で、シーバスを捕獲出来る確率もどんどん上がっていきます。釣れない時は、ポイントをどんどん変えていく事がよい結果に繋がると思います。

シーバスは食べてもおいしい

シーバスは釣るだけでなく、食べるという点においても素晴らしい魚です。シーバスは高級魚の部類に入れられ、白身のきれいさと淡白な味わいで、刺身にしても焼いても似ても揚げてもどんな食べ方をしても美味しく食べることが出来ます。

シーバスに似た魚としては、ブラックバスフィッシングがありますが、こちらはどちらかと言えば、釣る楽しみに特化している魚と言えます。シーバスは、ブラックバスフィッシングに食べる事をプラスした、まさに釣ってよし、食べてよしの一石二鳥の魚と言えます。

フィッシュ&イート派の方には、シーバスフィッシングをおすすめしたいと思います。

これからシーバスフィッシングを始められる方へ

この記事を読んで、シーバスフィッシングって楽しそうだな!やってみたいなと思っていただけたでしょうか?少しでもそう感じていただけたなら幸いです。

これからの時期、魚の活性も上がり、ベイトとなる小魚も多く接岸してきます。まさにシーバスフィッシングを始める時期としてはぴったりな季節です。あの引きの強さは虜になる事間違いなしなので、ぜひ自分の肌で感じてみてください。

シーバスフィッシングのアレコレ

ライターKEN-G

よろしくお願いします。

こちらの記事もおすすめ

- SHARE -